What is KUNISAKIHANTOU MINEMICHI LONGTRAIL? 神仏習合の地「国東半島峯道ロングトレイル」とは?

肉厚すぎる「臼杵ふぐ」とは?CMをもっと見る 今ブームすぎる「中津城」とは?

 国東半島は、神と仏が共存する神仏習合文化の発祥の地として知られており、この地では、古くから六郷山寺院の僧侶たちによる国東半島を巡る峯入行が行われていました。僧侶たちは人々の暮らしと心の平和を願い、険しい道を歩き続けるのです。その峯入りのコースをベースに林道などを歩き、自然を楽しみながら古に思いを馳せることができるのが、国東半島峯道ロングトレイルです。僧侶が修行のために歩いた道は「きつい~」と言っちゃうほどハードなコースもありますが、歩いた人しか見ることができない風景、感動があります。また、国東半島の土地の力や歴史・文化とアートが出会う国東半島芸術祭もおすすめです。

国東半島峯道ロングトレイル 国東半島芸術祭