What is SHIROSHITAKAREI? 贅沢すぎる「城下かれい」とは?

世界的すぎる「乾しいたけ」とは?CMをもっと見る 新鮮すぎる「津久見ひゅうが丼」とは?

 日出藩から将軍家への献上品として珍重されていた城下カレイは、海底からわき上がる真水で育つため、身のキメが細かく、締まりがよいのが特徴です。美食家・木下謙次郎が昭和12年に著した「続美味求真」には、「この魚の特徴は、肉質柔らかく色が純白で、少しの生臭さもないことである、これを刺身にすれば光沢があって青水晶のごとく、香味優逸にして確かに魚介の首位に推すべきである」と記されています。殿様や美食家を虜にした城下カレイ、ぜひ味わってみてください。

城下カレイ